こんにちは♪
今日は一日雨ですね…早速、コタツが恋しい(爆)

今日は、長らく作っていたブティがようやく完成したので紹介します(*^-^*)
96df392e.jpg


中山久美子ジェラルツ先生デザインのマーガレットのハンカチ&ティッシュケースです♪
小さい作品だけれど、とーっても時間がかかりました(笑)

ブティというのはフランスの伝統的なキルトです。
貴族のドレスなどに使った手法らしいです。想像しただけで素敵でしょ~(≧∇≦)
キルトフェスティバルに行ったときに、中山久美子ジェラルツ先生のブティに一目ぼれしました。その後、パッチワークサークルの先生にお願いして、作り方を教わっていたのです♪♪

2枚の布を重ねあわせてキルトし、2枚の布の間にコードを通すことで立体感を出します。
キルト綿は使いません。
コードの通し方

とにかく縫い目を細かくしなければならないので、大変でした。
マーガレット部分は強調したいので、25番刺繍糸3本取りでバックステッチです。
細かい目
縫い目が粗いと、きれいに立体感が出ないのよね(--#)

私の手作り史上(←いつも雑)、最も針目を細かく頑張りました~(笑)

キルトは大変だったけれど、コードを中に通すのはとても楽しい作業でした。
毛糸針を使って通すの♪
コードを通します

裏も同じような模様になるのだけれど、私はこんな感じで↓ロープの始末があまりきれいにできなかったので(涙)、

裏側

裏地をつけて仕上げました(笑)
3d406ac3.jpg

ホックにも布をカバーしてみました。

後ろ側はこんな感じです。
後ろ側
ハンカチとティッシュを入れることができます。

皮の持ち手はSeriaの100円商品です。
0d6159c7.jpg

この持ち手を付けることで、バッグにぶら下げたり、娘のズボンのベルト通しにつけられるかな~と思って。
Seriaの商品は侮れません!これは色々使えそうなのでまた買ってこよう♪

↑並べて撮影したピンクのプチケースは、パッチワークサークルの先生の作品です。
ティッシュケースの組み立て方がよくわからなかったので、お借りしたのです。
(こちらはホビーラホビーレのキットらしいです)。
先生の作品はさすが素晴らしく、裏地をつけていないので、中も同じ模様が浮かび上がっています。
2910fdf7.jpg


可愛いですよね~ブティって☆
カルトナージュと組み合わせても素敵だろうなぁ…。
バッグも作りたいけれど、ティッシュケースを作るだけでも相当苦労したので、バッグを作るとなると何か月もかかりそう(^^;)

こちらの本が参考になります↓


ブティの既製品も売られていますね~↓作る大変さを思えば、安いと思います(o´ω`o)


頑張った甲斐がありましたv( ̄∇ ̄)
7fe8b9c9.jpg

983e6a70.jpg


それではまたね~♪ 
お手数ですが、お帰りの前にブログランキングの応援クリックお願いします(*・ω・)

   
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 布物・布小物へ

いつもありがとう。