こんにちは~♪
御柱13

GWも今日で最終日ですね。
皆さん楽しく過ごされたでしょうかヾ(*´∀`*)ノ??

我が家は、
山梨の夫の実家に帰省→長野のおじさんの家に滞在→諏訪大社の「御柱祭」に参加→山梨の実家に戻り→帰りに神奈川県の私の実家で遊ぶ…

と、遊びまくってきました♬

毎日楽しかったけれど、遊びつかれてヘトヘトです…((+_+))

今日は初めて参加した諏訪大社の「御柱祭(おんばしらまつり)」をレポートします。

山梨のお父さんの弟が長野の茅野市に住んでいて、今回、7年に一度のお祭りがあるということで招待してくださいました✨

諏訪大社の「御柱祭」とは、山から樹齢200年のモミの木を切って山から落とし(ここが有名ですよね)、氏子が町の中を引っ張って歩いてお宮まで持っていって立てるというお祭りです。(←簡略しすぎ💦)

すべて人間の手で行うのでとても危険で、まさに男の祭り!という感じでした。
(女性はご神木に触ってはいけないそうですよ~。)

木は全部で16本。上社8本、下社8本。
おじさんの地域は上社の8本目の木でした。
(これが毎年、壮絶なくじ引きだそう。皆1本目になりたくて、くじ引きをするためのくじがあったりするんですって。)

このお祭りのハイライトは2つに分かれていて、

山出し…4月(春休み)に終わっている。ここで有名な「木落し」を行う。

里曳き…5月(GW)。諏訪大社に向けて御柱を運ぶ。

今回は町の中を綱で引っ張ってお宮まで運ぶ「里曳き」と、ご神木を立てる「建御柱(たておんばしら)」を見学しました。

5月2日は「里曳き」。
このV字の部分はご神木の前と後ろにあって、ここに男の人たちが乗って、左右に倒しながら柱を曳きます。ゆっくりゆっくり。
御柱1
柱はこんな感じ。町を歩くうちにかなり削れてしまうそう。
御柱2

おじさんの地区は8本目だったので時間がすごく遅れました(←予定表は全く無視です。本当にのんびりのんびり休みながら進むの)。
待ちつかれて子供たちは川遊びしていました。
御柱4

おじさんの孫が来ていたので(うちの子供たちにとってハトコ)仲良く遊んでいました。
川渡りもさせてもらいました。
御柱5
お兄さんたち、ありがとう♪
御柱6
地区の旗の竹にも登らせてもらって、トントンと揺らされていました。
御柱7

ようやく前4(8本目)の番になり、私たち家族も法被を着て綱を引きました。
綱引きみたいで疲れた~(^-^;

夜はおじさんの家に泊まらせていただいて、5月3日も朝からお祭りへ。
この日はお宮にご神木を立てる「建御柱」の作業をします。
またこれが時間がかかって。
とても暑い日だったので日射病にならないように水分補給しながら待ちました。

まず、御柱の頭を三角錐に切り落とす「冠落し」をします。
これが2時間ぐらいかかったかも。
御柱11

おじさんの地域の4本目が立つのは夜になってしまうので、3本目が立つのを見ました。
御柱12
少しずつ立てます。
御柱9
男の人たちがたくさん木につかまっていて、面白かった。
私はバラによくつく「あるもの」を想像してしまったのですが…(失礼)。
御柱10
これ1本立てるのにも2時間ぐらいかかりました。
直射日光の下、木につかまっている人も見ている人たちも大変。

上に乗る男の人たちは命がけですよね! でも選ばれると名誉みたいですね。
7年に一度なので地元の人たちは子供から大人までとても白熱していました。

こういう有名なお祭りって高知の「よさこい」しか行ったことがなかったので珍しくて、しかも今回「氏子」として参加できて、とても楽しかったです。おじさんたちに本当に感謝です♪
子供たちもハトコと仲良しになって、別れるのが寂しそうでした。

毎日ご馳走続きで、色々なところにも行けて、とても楽しいGWでした(*´∇`*)

ブログランキングに参加中です。
クリックしてくださると嬉しいです♬
にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ
にほんブログ村