おはようございます♬
昨日、娘がアメリカ旅行から帰ってきました✨
群馬・新潟家族旅行から帰ってきてすぐに、今度はアメリカ旅行に行っていたの(・∀・)
今、大学4年生の子達はコロナ禍でずーっと旅行に行けなかったので、今年の夏が就職前の最後のチャンスとばかりに(円安だけど)頑張って海外旅行に行く子が多いみたい。

高校時代のお友達(女の子)と一緒に、ツアーでなく、フリーでラスベガスとロサンゼルスに行ってきたのよ~

▼楽しかった~💛と帰ってきました。
IMG20230912173518

エンゼルスの試合を見に行ったり~グランドキャニオンに行ったりディズニーランドに行ったりしたそうです♬
アメリカ旅行
無事、危ないことはなく、旅行を楽しめたそうで本当にほっとしました。
しょっちゅう家族LINEに写真を送ってくれたので、こちらも安心でした(*´∇`*)

ところで、昨日のテレビのニュースで、ハワイに行こうとした若い女性が入国審査で入国拒否された話が話題になっていました( ̄▽ ̄;)


娘もサンフランシスコで結構厳しい入国審査だったらしいので、参考までに質問内容を詳しく書きますね~

今日も見に来たよ~の印にポチっと下のバナーを押していただけると嬉しいです

にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村

いつもありがとう




旅行に行く前に私のお友達のMちゃん(去年の今頃、アナハイムのディズニーランドに行った^^)に色々教えてもらって、そのときに、

「アメリカは、若い女の子の入国審査が水商売目的と疑われて厳しい。別室送りになっている女の子がいたから、絶対に地味な恰好で行くように!

と教えてもらっていたの。
▼MちゃんとのLINE抜粋(笑)
1

2

3
それで、さすがにジャージはないけれど( ゚∀゚)アハハ、娘は地味めな綿のすとんとしたワンピースに帽子、メガネ、私のお古のショルダーバッグ(笑)という恰好でブランドものも一切なしでサンフランシスコ(乗り継ぎ地点)で入国審査に臨みました。
安いチケットということで、行きは成田→サンフランシスコ→ラスベガスの飛行機に乗りました。

▼娘にしてはかなり地味な恰好…
1694515424264
▼10年ぐらい前に買った私のナイロンショルダーバッグ

そうしたら、一緒に行ったお友達は入国審査がスルーだったのに、娘はしっかりと質問されて大変だったそう( ̄▽ ̄;)

以下、質問内容です。
すべて英語での会話です。)

「職業は何か?」→「大学生です」
「大学何年生か?」→「4年生です」
「大学で何を学んでいるか?」→「(学部を答えた)」
「この旅行の目的は?」→「観光です。グランドキャニオン、大リーグの試合、ディズニーランド…」と言って、帰りの航空チケット、宿泊ホテル、日程表まですべて見せた。

「part-time jobはしているか?何をしているのか?」→「(受付バイトの内容を説明)」
「月にどれくらい稼いでいるのか」→「about ~~yen a month」
どうやってこの旅費を払ったのか?」→「part-time job!」(本当よ)
←ここでパパ(親)の援助とか言ったら入国拒否になってたかもね~
「いくら両替してきた?」→「まだ両替していないので、こっちで1万円ぐらい両替するつもりです」

などと、すんごい捕まって長々と質問されたそうなの~(((( ;゚д゚)))
ツアーじゃなく、フリーだったからかしらね。

そうしたら、もう一人の男性職員の人まであとから加わって、更に質問されたらしいのだけれど、
乗り継ぎの飛行機チケットを見せて「乗り遅れる!!!」とアピールしたら、しぶしぶ「OK」って通してくれたんですって~ε=ε=(;´Д`)

もう一人のお友達は簡単な質問だけでスルーだったので、先に二人分のスーツケースを受け取って待っていてくれて(それくらい長時間、娘は拘束されていたらしい~)、その後は、乗り継ぎの飛行機に遅れる~!!!と空港内を二人で走ったそうですよ。

乗り継ぎ時間はサンフランシスコ空港で3時間、見ていたんですって。
でも今回は
成田からの飛行機の出発が30分遅れ、
サンフランシスコ空港への到着が1時間遅れ、
入国審査が超並んでいて1時間ぐらい並び
更に娘への質問が長くて( ̄▽ ̄;)
ぎりぎりになったそう。

何とか間に合って飛行機に乗れたそうなのだけれど、もう最後の方ぎりぎりの搭乗で超焦ったそうです。

というわけで皆さん、アメリカ(ハワイ含む)に若い女の子がフリー旅行で行く場合は、注意です!

【ポイント1】地味な恰好で行こう。
お友達との違いは、お友達はほぼすっぴん、ネイルもしていなかったそう。
うちの娘は、旅行行くからとネイルサロンでネイルして、アイメイクもしていたので、疑われたのだと思う。(メイクでラメは使わなかったのに!わざと眼鏡をかけていたのに!と言っていたけれど(笑)ダメだったって。)
▼こんな爪だからでは…
DSC_0355
【ポイント2】ESTAと異なることを言うとダメ。
テレビに出たハワイで入国拒否された方は、ESTA(電子渡航認証システム)で書いたことと違うことを言ったらしく、嘘を言っていると疑われたそうです。
ESTAは間違いなく正確に書くこと。

【ポイント3】乗継便の時間には余裕を持つこと。
今、アメリカへの入国審査はとても厳しいみたいです。
(水商売を疑われる若い女性だけかもしれませんが…)
今回は3時間の乗り継ぎ時間で何とか間に合ったので…
若い女の子は乗り継ぎ時間に余裕を持つとよいと思います。

【ポイント4】帰りの航空チケットや滞在先ホテルなどの予約表は紙で持っておくこと。
スマホは見れない可能性もあるので、必ず紙に打ち出して持っていくこと。

友達2人で旅行に行って、一人が入国拒否になんてなったら本当に悲惨です。
ちゃんとアメリカに入国できてよかったです。
もちろん、帰りは簡単に出国できて(笑)、日本への入国もスルーだったそうよ~( ̄▽ ̄;)

日本からアメリカへの入国が厳しくなった
ということです。
日本が貧乏になったということですよね…水商売の出稼ぎが多いということなのかしら…。

(ハワイを含む)アメリカ旅行にフリーで行かれる知り合いの方がいましたら、気を付けるように言ってあげてくださいね♬

それではまたね♪
ブログランキングに参加しています。
下の写真をクリックいただけると、ランキングが上がって更新の励みになります。
1日1回クリックが有効なので、よろしくお願いします(〃^∇^)↓
にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
にほんブログ村
いつも本当にありがとう♪♪

▼ESTAの偽サイトに申し込んでしまった話…

▼無事返金された話。ESTAは間違いなく通っていました。



★ピンタレストをしています(*´∇`*)
私の好きな写真や参考になりそうな写真を集めています。見てみてね。

このボタン↓を押すと、ブログの写真のPINをすることができます♪


↓こちらを登録していただくと、このブログの更新のお知らせがLINEで届きます♪

たくさんの読者登録、ありがとうございます。

旅行の予約はこちらから↓

私のオススメ商品を楽天ROOMで紹介しています☆
  ↓↓↓

別ブログを書いています。
よかったら見てね!
  ↓↓↓