おはようございます♪
281ae442.jpg


今日もフランス旅行の続きです。
時間が経つと忘れちゃうので(笑)、どんどん更新します。

↓今日もまずブログランキングの応援クリックをよろしくお願いします

にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村

クリックが更新の励みになります。いつも応援本当にありがとう。



3日目の朝は7時50分集合で、モン・サン・ミッシェルに向けてバスで出発しました。
4時間ちょっとと長いバスの旅になったのですが、時差ボケでほとんど寝てて(^^;)、あまり苦になりませんでした。

ちなみにフランスとの時差は、サマータイム中は7時間で、フランスよりも日本が7時間進んでいる感じです。
例えば、フランスで朝6時だと日本は午後1時。
初日の日はとても眠くてホテルに着いてお風呂に入ったらすぐに寝てしまい(夜8時ぐらい?日本だと夜中の3時だもの、眠いはず)、朝だと思って起きたら夜中の1時だったという(日本だと朝8時)…何度も夜中に起きてしまいました。
時差は慣れるまで辛いですね~。

とにかく、バスで寝ているうちに、かの有名な聖地モン・サン・ミッシェルの対岸に到着ー!
モンサンミッシェル (4)

昔は、この島は満潮時は完全に島となり、干潮時は島と陸との間に自然に道が現れていたそう。
かなり潮の満ち引きが速いため、かつては多くの巡礼者が潮に飲まれて命を落としたそうです。
現在は道が作られていて、無料シャトルバスで往復することができます。

シャトルバスを降りたら、目の前にそびえたつ修道院。あの上までは階段で登ります(^^;)
モンサンミッシェル (5)

小さな島の真ん中にどーんと修道院が建っていて、その周りにホテルやお店がちょこちょことある感じです。
まず、王の門をくぐりました。何カ所か敵からの侵入を防ぐ場所があり、ちょっと怖い感じ。柵が急に落ちたりしないよね!?
王の門

狭い道の両側にお店がいっぱい。観光客であふれていました。グランド・リュという名前の参道です。
グランド・リュ

狭い階段を登って行きました。住宅やホテルの屋根が見えます。
39404866.jpg


ここから修道院の中に入りました。入り口に長蛇の列ができていましたが、団体は横をスルーで入れました。
入口

この聖堂は708年大天使ミカエル(ミッシェル)のお告げがあって作られはじめたそうで、長い歴史の間に、要塞として使われたり、牢獄として使われた時期もあったそうです。

修道士の住居と教会の間の通路。
80953d07.jpg


教会の中。
教会の中

天井

迎賓の間は身分の高い方を出迎えた場所でゴシック最盛期の建築。
迎賓の間

騎士の間もゴシック様式だそう。
騎士の間

上から、元来た道を見下ろしました。ずいぶん階段を登ったのね~。
上から来た道を見る

塔 (2)

カモメさんがいました。
e2d2f86a.jpg


昼間でも中は薄暗く、結構、階段を上り下りします。足が悪くなったら来るのが厳しいかも。

薄暗くてちょっと怖いイメージ。私は霊感が全くないのでよいのですが、何かを感じる人もいるとか…!?

中庭が出現。ラピュタを思わせる~。修道士がぐるぐる廻って瞑想した場所らしいです。
a0db0888.jpg


帰りはぐるっと外側の階段を降りました。
帰り道

島でポストカードを2枚購入して、この郵便局から両実家に送りました。
689212e5.jpg


モンサンミッシェルの消印を押してくれるようにお願いして(^^)€1.2だったかな。
昔は「AIRMAIL TO JAPAN」を赤で書いて二重下線もつけるなんて習った気がするのだけど、赤でなくてもいいって言われました。
実家から連絡来ないから、まだ届いていないのかなぁ~
郵便局 (2)

お土産にラ・メール・プラールでクッキーを大量に購入して(笑)、帰りのシャトルバスは長蛇の列になっていたので、歩いて帰ることにしました。歩くと30分弱。
疲れて途中休憩↓ちゃんとベンチがあるので助かる。
疲れて休憩

ラ・メール・プラールは今では日本にお店もある…(涙)
↓楽天でも売っているし…(´;д;`)

今って何でも日本に売っているから、お土産選び難しいー。雑貨はMade in Chinaだったりするし…

ホテルは対岸でした。島の中のホテルだと食事の度に階段上り下りみたいなので、対岸でよかった~。
夕飯は、名物のオムレツが前菜に出ました。
これは、島のお店のプーラール夫人が疲れた巡礼者たちに安くて栄養のあるものをと考案したオムレツで、卵を泡立ててスフレのようにしたオムレツとのこと。
皆で期待して、わくわくしながら食べました。
1c8d251a.jpg


でも…食べてみたら、表面を薄く焼いただけで、中身は生…!?
3806bde7.jpg

結局、残す人が多く…(^^;)まぁ、一度食べればいいかという…。
「名物に旨いものなし」という諺が頭をよぎった…

夏の間は、夜間拝観をしているので、希望者に添乗員さんがチケットをくれました。
自分の好きな時間に行ってよいというので、娘と2人で夕飯を食べた後、もう一度、シャトルバスで島へ。
夜9時過ぎても、まだ夕日が沈みません。
26bd412b.jpg


夕焼け

修道院の中は、プロジェクションマッピングされているとのことで、綺麗だと聞いて行ってみたのですが…
夜

怖すぎました!
巨大な目とか、炎の映像が映し出され、音響も怪しげな雰囲気で、まるでディズニーランドのホーンテッド・マンション…。

部屋の隅に真っ黒な人影があったり…。(本当に人が座っていたの!?)

暗くて出口がよく見えなくて、娘と手を握りあいながら、「とにかく早く外に出よう!」と必死に出口目指しました(笑)

誰も人がいない真っ暗な通路とか、怖すぎました(><)

そういえば、ガイドさんが、以前、間違えて、昔の牢屋に入り込んでしまった人がいて、発見されたのが次の日だったって話していました…。
わかる~だって本当に暗いんですもの。
フランスの方は、日本人よりも暗闇が良く見えるのかしら…??というくらい、足元とか見えにくかったですね。

やっと外に出たときはほっとしました。
お化け屋敷みたいで新婚さんにはいいかもしれないけれど、これから行く方は覚悟してください(笑)

夕日が沈むところを見たかったのだけれど、夜10時近くなっても沈みませんでした。
眠くて、帰って寝てしまいました。夜のライトアップ写真が撮れなかったのが残念~
9時過ぎても沈まない

というわけで、モン・サン・ミッシェル観光でした。
次は、港町オンフルールからルーアン、モネの睡蓮の庭観光~と続きます。



今日は長い記事を読んでくださってありがとうございました。
また見に来てくださいね♪



お帰りの前にブログランキングの応援クリックをぜひお願いします。
お休みしていたので、ランキング大幅ダウン中…(^^;)
よろしくお願いします(〃^∇^)↓
にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ
にほんブログ村

応援、本当にありがとう♪♪