こんにちは~(*^-^*)
今日は、ちょこさんからご質問がありました、「娘の部屋のラグの作り方」を書きたいと思います☆
娘の部屋のラグ3

もともとは、私の母が私の部屋用に昔作ってくれたものを真似して作ったんです。
らぐのアップ2


作り方は…技術的には難しくないです。
でも、時間がかかるのよ~(*´-ω-`)

まず、3種類の綿100%の布を購入します。
ラグ用の布
私はピンク系を3種、大きなものを作りたかったので3mずつぐらい買いました!

直径6.5cmの四角の型紙を作って、その大きさに布を切ります。
布をカット

2枚を中表で重ね、3辺をミシンで縫います(端から3mmぐらい内側)

ひっくり返して綿をいっぱい詰めます(量は適当です・笑)
娘の部屋のラグ作り4

口をまつり縫いします(これは手縫い)。これでミニクッションが1つできあがり。
まつり縫い

これをABC3種類の布で作り、まつり縫い(これも手縫い)でつなぎます。
ABCABCとつなげる

そうやって作ったのが、こんなラグ。
ラグのアップ

娘の部屋に敷いて使いながら、少しずつ1年ぐらいかけて(笑)大きくしていっています。
数えてみたら、今現在、24個×28個=計672個のミニクッションをつないでいます。
もうこれぐらいの大きさでいいかな~。
ここまで大きく

パッチワークサークルの人には止められたんです。
無理よー!大変よー!って。
でも、ドラマ見ながらコツコツ縫っていったら、ここまでになりました(ドラマを見すぎ・爆)。

ふわふわで、綿なので肌触りがよくて、世界に一つだけのラグ(^^)

娘のお友達が遊びに来たときも、みんな「いいなー可愛いなぁ」って言ってくれます。

もしこのラグがなかったら…こんな感じ↓
ラグなし

やっぱりラグがあった方が可愛い♪♪
ラグあり



私は小学校の頃から「赤毛のアン」が大好きで、今でも一番の愛読書なのですが(笑)
独身の頃は半年に一度は10冊読み返していました。
理想の男性はギルバート♪でも夫はギルバートとは似ても似つかない…


アンの本によく出てくるのが、リンドのおばさんが作った「リンゴの葉模様のパッチワークの掛布団」とマリラが作った「丸く編んだ敷物」です。
アンが大学生になってお友達と家を借りたときも、結婚してからも、アンはそれを大事に家に持っていくんですよね。これを敷いたら、とたんにくつろげる部屋になったって。

なんとなく、その話が頭の中にあって、娘にも手作りのラグを作りたくなったのかも~( ̄ー ̄)
ちなみに、娘の部屋のベッドカバーも枕カバーも私の手作りです(ミシンで縫っただけだけど)。
古いベッドカバーをカバーする方法で作った話はコチラを見てね→ 

美しいものを買ってきてホテルのようにきれいに飾った部屋もいいけれど、やっぱり手作りがどこかにある方が、「居心地が良い我が家」という感じがするように思いますo(*⌒―⌒*)o



というわけで、ラグの作り方の紹介でした。
時間はかかるけれど、作れたら、みんなに「すごい」と言ってもらえることは間違いなし!ですよ(笑)
ちょこさん、こんな感じですが、どうでしょうか?ぜひ作ってみてくださいね☆

それではまたね~♪


ブログランキングに参加しています♪
下の写真をクリックいただけると、ランキングが上がって更新の励みになります。
1日1回クリックが有効なので、よろしくお願いします(〃^∇^)↓
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 布物・布小物へ
にほんブログ村
いつも本当にありがとう♪♪